菩提寺  妙見山  明徳寺  (真言宗  醍醐派)

明徳寺は、会社の近くにあり、石田家の菩提寺となっております。

先祖代々をお祀りし、春には桜が大変きれいで寺谷公園として地元に親しまれています。

平成3年5月18日、当社が主体となり明徳寺本殿・護摩堂を建築し、落慶法要を営み、

真言宗・醐醍派・麻生管長より感謝状を賜る。


 
 菩提寺 明徳寺  菩提寺 明徳寺  菩提寺 明徳寺


 

 

 

 

 入口・石碑(左:表面、右:裏面)  山門・鐘つき堂  前庭の蘇鉄  持佛堂・岩本寺
 

 

 

 

 本堂・護摩堂  厄除水子地蔵尊・白寿観音・納骨堂  六地蔵  落慶記念感謝状


明徳寺は、尾道・西国寺の古文書・文明三年(1471年)6月16日付けの上銭文書に記された円明寺の後継寺院である。

円明寺は因島・村上家の宿老で美可崎・海関、並びに船賊係・南家の菩提所であった。

明徳寺は、南家の宅址、村上家寄進の仏画(絹本着色涅槃像市有形文化財)を秘蔵し、前庭の蘇鉄は江戸の初期、広島藩・

浅野家泉庭からの移植である。

石垣は、南彦 四郎 泰統が在城時代の天正期(1573年-1592年)に築城されたものである。

累代は当地方の遷宮導師を明治4年(1871年)まで勤めた由緒ある寺暦を有し、村上水軍の家老の屋敷跡もある。



   戻る  真言宗・総本山  高野山  延暦寺