石田家の歴史 
 SINCE1919~ 

 ISHIDA Family History 













↑クリック!YouTubeで再生
 会長を偲ぶ


↑クリック!YouTubeで再生


↑クリック!YouTubeで再生


↑クリック!YouTubeで再生

 昭和48年~昭和63年(1973~1988)
  当社の動き   一般情勢
 昭和48年
(1973)
  1月
5月

6月

8月
8月
11月

 
タンカー船「第二盛油丸」の運航開始
創業50周年を迎え桜の記念植樹を行う
広島県知事許可の一般建設業許可を取得し
土生港港湾維持修繕工事受注

因島市市民会館建築費として金「100万円」寄付
内航船舶貸渡業(中R5429号)取得により、船舶貸渡業に進出
日立造船因島工場長より20年間「大型新造船用煙突」制作につき
感謝状授与
   2月
4月
8月
10月
10月
11月
浅間山、12年ぶりに大噴火
パ・リーグ、2シーズン制に
金大中氏、東京のホテルより強制連行される
江崎玲於奈氏ノーベル物理学賞受賞
オイルショック
関門橋開通
昭和50年

(1975)
   5月

5月
火災復旧による因島市立三庄中学校体育館建築費として
御見舞金100万円寄付

因島市立三庄中学校より感謝状授与
   3月
7月
山陽新幹線、博多まで開通
沖縄海洋博覧会開催
昭和51年
(1976)
  4月 タンカー船「第三盛油丸」の運航開始
  1月 日本初の五つ子誕生
昭和52年
(1977)
3月 内海町向け199トン型両頭フェリー「うつみ」建造・引渡 9月 王選手・通算756号本塁打

 昭和48年6月
妙見山妙徳寺より
 昭和48年11月24日
日立造船(株)因島工場より
昭和50年5月17日
因島市立三庄中学校より
 
昭和52年4月20日
広島県洛隈郡内海町長より
 
 
  当社の動き   一般情勢
昭和53年
(1978)
2月
5月
尾道海上保安部長より「タンカー座礁事故」協力に関し感謝状授与
石田光春が社団法人中国小型船舶工業会理事に就任
5月
8月
成田空港開港
日中平和友好条約調印
昭和54年
(1979)
11月
因島市向け19トン型フェリー「こまたき」建造・引渡 1月 国公立大で初の共通1次試験実施
昭和55年
(1980)
4月 石田光春が中小造船業第一次構造改善グループ代表に就任 5月 モスクワオリンピック日本不参加
昭和58年
(1983)
5月
12月
12月
創業60周年を迎え「改革10」スタート
向島と因島を結ぶ因島大橋開通、全長1,270mで当時日本最長
創業者石田五左衞門永眠(87歳)
4月
5月
9月
東京ディズニーランド開園
日本海中部地震
大韓航空機・ソ連機に撃墜される
昭和59年
(1984)
3月
4月
10月
文部省の指名業者となり弓削商船高専の実習船「はまかぜ」受注
石田正憲が第8回B&G「若人の船」に参加し東京-ハワイ体験航海

三代目として石田正憲入社

1月
7月
10月
三井三池・有明鉱で坑内火災、死者83人
ロサンゼルスオリンピック開催
「怪人21面相」森永製菓に脅迫状

 昭和53年11月26日
広島県立木江工業
高等学校長・同窓会長より
 昭和54年6月14日
尾道地方中小型造船業
安全協議会より
昭和54年11月19日
因島市長より
 
昭和58年8月20日
因島海洋少年団より
 
 
  当社の動き   一般情勢
昭和60年
(1985)
7月 石田造船、初めての工場見学実施
8月 日航ジャンボ機墜落、乗客乗員520人死亡
昭和62年
(1987)
7月
10月
石田光春が日本沿岸曳船組合より「第47回海の記念日」局長表彰で感謝状授与
第六管区海上保安本部の指名業者となり巡視船「たまつかぜ」受注
4月
11月
国鉄民営化、JR発足
竹下内閣発足
昭和63年
(1988)
5月
6月
7月
創業65周年
(株)伊豆急マリンより黒船「サスケハナ」受注
伊豆急行(株)本社にて「サスケハナ」建造打ち合わせ
4月
9月
児島-坂出ルートの瀬戸大橋開業
ソウルオリンピック開幕

     
 昭和62年7月20日 日本沿岸曳船海運組合より
 昭和62年7月20日 日本沿岸曳船海運組合より 黒船「サスケハナ」 


↑一覧へ戻る