会 社 概 要


商号




 ■営業目的

○ 鋼船、軽合金船、FRP船、木船等の各種船舶の設計・建造・修理業
○ 海洋建造物、橋梁、水門、貯水タンク、ゴミ焼却炉の設計・製造業
○ 船舶の輸入業並びに販売業
○ 船舶仲立業並びにコンサルタント業
○ 船舶貸渡業および内航運送業(因島航第2009号)
○ 遊漁船、遊覧船の運航業
○ マリーナ施設の設計・製造業
○ サルベージ業
○ 土木・建築事業並びに設計・監理業
○ 港湾・河川等の浚渫業
○ 一般廃棄物・産業廃棄物などの処理、および資源の有効利用に関する業務


主要取引先

 
 ○ 国土交通省中国地方整備局  ○ 第五管区海上保安本部  ○ 広島県
 ○ 国土交通省四国地方整備局  ○ 弓削商船高等専門学校  ○ 尾道市
 ○ 海上自衛隊呉地方総監部  ○ 広島商船高等専門学校  ○ 福山市
 ○ 第六管区海上保安本部  ○ 神戸税関  ○ 今治市

会社経歴
 
 年月 西暦   沿革
大正85 1919 石田五左衛門が折古浜で木造船業を個人創業
大正129 1923 千守海岸へ工場移転
昭和2510 1950 二代目・石田光春が代表就任
昭和372 1962  小型鋼船の建造開始
昭和397 1964 工場移転のため公有水面埋立開始(広島県許可)
昭和421 1967 石田造船工業(有)設立・石田光春が社長就任(資本金1,000万円)
昭和434 1968 公有水面埋立完成により工場移転(499トン船台2基)新設
昭和4712 1972   内航運送業開始 
昭和486 1973   建設業登録取得 
昭和488 1973  内航船舶貸渡業開始  
昭和588 1983  創業者・石田五左衛門永眠(86歳)(戒名:廣海院善翁智徳居士)  
平成48 1992  資本金2,000万円に増資  
平成49 1992  一級建築士事務所開設  
平成410 1992  石田造船工業(有)から石田造船建設(株)へ商号変更  
平成77 1995  登録船台から許可船台へ変更(699トン船台3基)新設  
平成812  1996  資本金3,500万円に増資・特定建設業許可取得 
平成101  1998  資本金5,000万円に増資 
平成104  1998  石田光春が「勳五等瑞宝章」受章 
平成1111  1999  資本金9,990万円に増資 
平成1212  2000  三代目・石田全功が社長就任 
平成1810  2006  船台許可変更(749トン1基、1,600トン1基)新設 
平成234  2011  石田造船建設(株)から石田造船(株)へ商号変更 
平成2312  2011  二代目・石田光春永眠(83歳)(戒名:光洋院雄船春風居士) 
平成276  2015  中国小型船舶工業会 東部支部 支部長 就任 
平成277  2015  船舶事業の関係発展として大臣表彰 
平成307  2018  造船造機統計調査の貢献として大臣表彰 
令和5  2019  創業100年を迎える 
令和27  2020  石田全功・中国運輸局因島海事事務所長より海事表彰(63歳) 



代表者名
代表取締役社長 石田 全功

所在地

広島県尾道市因島三庄町字宝崎2931番の4
TEL:(0845)22-0482
FAX:(0845)22-2325

http://www.ishida-zosen.co.jp/
メールの送信はコチラから。⇒クリック!

創業

1919年5月 (大正8年5月1日) 

設立

1967年1月 (昭和42年1月)

資本金

9,990万円

取引銀行

 
広島銀行 因島支店   
 
 
海 か ら 工 場 を 望 む ・ 工 場 全 景 (令和4年3月撮影)

石田造船から見渡せる島々